色々書ければいいかも
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< アーキテクチャの生態系 | main | 放浪息子 12 >>
カポーティ
 「カポーティ」を観ました。
僕は彼の作品を読んだことはなく、「ティファニーで朝食を」の映画を観たことがあるだけという貧弱ぅぅ者なのですが、まぁ面白かったんですよ。

トルーマン・カポーティが代表作である「冷血」の題材となった一家惨殺事件の取材し始めて、書き上げるまでの話ですね。

冷血なのは作品を完結させたい気持ちがある一方で、取材の中で信頼関係を結んだ加害者に後ろめたい気持ちを持つカポーティなのか、それとも、四人一家をを身勝手に殺害した加害者なのか、どっちを指してんの?
そんな印象を受けました。

罪悪感に苦しむトルーマン・カポーティをフィリップ・シーモア・ホフマンが好演。
カポーティがあんな感じのしゃべり方なのかはわかりません。

殺害現場である家の遠景などの映像がとても綺麗、不気味。
最後少し駆け足の印象がありました。

とりあえず、「冷血」を読んでみようと思う。
そういう気持ちになるから、この作品は「冷血」を読む前に観た方がいいと思う。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK